2009年10月09日

「礼儀なってない」就寝中の下級生108人に正座 松江高専の寮

 
 松江工業高等専門学校(松江市西生馬町)で今年4月16日未明、覆面などで顔を隠すなどした上級生ら6人が、学内の男子寮で就寝中の下級生108人をグラウンドに呼び出し、正座などを強要していたことが9日、分かった。この後、一部の学生が体調不良を訴えたことで、この事実が判明し、学校は上級生4人に退学を勧告し、全員が自主退学した。

 学校によると、4〜5年生4人と中途退学者、その友人の計6人は4月16日午前0時半ごろから約1時間半、寮生の1年生65人、2年生43人をグラウンドに呼び出し、「礼儀がなっていない」などと正座や声だし、ダッシュを強要した。うち上級生3人は、目出し帽のような覆面をしていたが、途中で脱いだという。

 学校側は調査の結果、上級生4人が事実関係を認めたため4月27日付で退学を勧告。5月までに全員自主退学した。各部屋を回り呼び出し役をした2年生7人は無期限停学処分としたが、現在は復学している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000517-san-soci




この程度で退学?

学校も今は生徒を守ってくれないのでしょうか。


問題児は要らないのでしょうね。
posted by hoss at 12:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
社会の厳しさをまた、他人の人格を無視するようなことをすれば厳しい罰があるということを教えるという意味では退学でも良いのではないですか。あまり甘い処分ではかえって勘違いして教育にはならんでしょう。
Posted by 通りすがり at 2009年10月09日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。