2009年10月16日

ブルトレ“第二の旅路”、特別ツアーや列車ホテル

 
「ブルートレイン」の愛称で親しまれ、3月のダイヤ改正で姿を消した九州発着の寝台特急の車両が、現役引退後も活躍している。旅行会社の企画商品の顔として利用されたり、簡易宿泊所に生まれ変わったり……。出会いや別れなど様々な人生ドラマを運んできた青色の列車は、“第二の人生”を快走中だ。

 九州最後のブルトレは「はやぶさ」(東京―熊本)と「富士」(東京―大分)。いずれも旧国鉄時代の1960年代に登場したが、3月14日に廃止された。JR九州によると、87年のJR発足時に8本運行していた九州発着のブルトレは、新幹線や高速バスなど他の交通機関の発達で乗客が減り、車両の老朽化もあって次々にダイヤから消えた。

 「再び走らせてほしい」。3月以降、JR九州には鉄道ファンを中心に要望が相次いだ。同社は客車31両のうち9両の存続を決定し、6〜8月には門司港― 鹿児島中央間などで期間限定の特別運行を計9便実施したところ、全国から応募が殺到。当選倍率が11倍になった便もあった。

 根強い人気を背景に、旅行会社2社とJR九州は9〜11月、ブルトレ車両を使った特別ツアーを相次いで企画。9月26日、門司港―長崎間を走るツアーには約60人が参加した。2段式ベッドなど客車の中は当時のままで、列車のヘッドマークも公開された。

 横浜市港南区の会社員金重康祐さん(36)は小学生の頃からブルトレに乗って、母の実家がある長崎に行っていた。「思い出深い列車で、復活を知ってすぐに予約した。ゆっくりと乗り心地を楽しめますね」。北九州市門司区の木村敬助さん(80)、浅江さん(76)夫妻は「6年ほど前に長男の住む横浜まで乗って以来。次は孫と一緒に」と喜んでいた。

 特徴を生かし、「列車ホテル」としても復活する。JR九州は11月2〜4日に佐賀県唐津市で行われる「唐津くんち」に合わせて、2段ベッド式の客車4両(定員128人)を同月2日、唐津駅内に配置。くんち期間中は宿泊施設が不足することに目をつけた。9月28日から予約を受け付けたところ、1泊4000円の手頃感もあって2日間で満杯に。「こんなに反響があるとは思わなかった」と同社も驚く。

 町内にホテルが1軒しかない熊本県多良木町は、JR九州から「はやぶさ」の客車3両を購入し、簡易宿泊所として活用する。購入・運搬費など計約7000万円を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案は9月の定例町議会で可決。町は2010年度の開業を目指している。「イベント時には宿泊施設が足りずに困っていた。ブルトレホテルが話題となって、来訪者が増えてほしい」と町は願っている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000798-yom-soci


わたしたちの世代でも、やっぱりブルートレインって聞くと
懐かしいというか、ノスタルジックに浸るというか・・・・・・。




【今日のチェックサイト】
はじめての海外旅行 安心ガイド

posted by hoss at 06:02 | Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
とっても興味深いブログですね!
Seesaaのランキングサイトで貴方のブログを知りました。。
そろそろ紅葉の季節ですね〜。
今年の旅行の予定は決まりましたか?
わたしはFC2で下記の旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com
★ぜひ私のブログと相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman@livedoor.com
(URLとブログ名を明記して下さいね)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了です!
Posted by 旅行好きなブログです at 2009年10月17日 07:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130373794

この記事へのトラックバック

A列車で行こう
Excerpt: A列車で行こうの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「A列車で行こう」へ!
Weblog: A列車で行こう
Tracked: 2009-10-17 01:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。