2009年10月30日

入院患者らの優先接種始まる=山口など3県先行−新型インフルワクチン

 
医療従事者に次ぐ優先順位の基礎疾患(持病)を抱える入院患者や妊婦に対し、新型インフルエンザ用ワクチンの接種が30日、一部の県で始まった。医療従事者の希望者が多い自治体では来月中旬にずれ込む見通しで、入院患者らの接種開始時期はばらつきが出そうだ。
 優先接種は19日から医療従事者を対象に開始したが、当初の2回接種から1回に変更。厚生労働省は浮いた分のワクチンを用い、重症化するリスクの高い妊婦、持病のある1歳〜小学校3年と入院患者について接種の前倒しを求めていた。
 30日に入院患者らの接種を開始するのは、岐阜、和歌山、山口の3県。宮城、兵庫、福岡など15県は11月2日に前倒しした。
 しかし、医療従事者に大半のワクチンを再び割り当てた県もあり、全体の3分の1程度は同16日以降に患者らの接種を予定している。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000040-jij-soci


やっとはじまりましたね。
でもわたしの住んでいる地域では、もう下火になっていますよ
posted by hoss at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131571452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。