2009年10月31日

円楽さん『よぅ、あの世にいくよ』 言葉失う「笑点」メンバー

 
「江戸っ子らしい亡くなり方。『よぅ、あの世にいくよ』。そんな感じで…」

 弟子の好楽さん(63)は、そう振り返った。円楽さんは25日に急に体調を崩したという。

  信念の人、だった。テレビやラジオで人気者になったが、師匠に「芸が荒れた」と注意されると番組をすべて降板。5年間、高座に集中して芸を磨いた。

 真打ち制度のあり方に異議を唱え、師匠とともに落語協会を脱退。その後の一門会を率いた。一門会が約40人の大所帯になったのは、信望を集めたゆえだ。

 脳梗塞(こうそく)で倒れたのは平成17年。長く司会を務めていたテレビ番組「笑点」の司会を勇退した。高座復帰を目指して19年2月、国立名人会に臨み、十八番の古典「芝浜」を演じたが、「だめだった。恥はさらせない」と引退宣言。弟子や後輩たちを静かに見守る道を選んだ。

 30日、福岡市中央区のホールで初日を迎えた「博多天神落語まつり」では、円楽の襲名が決まっている三遊亭楽太郎さん(59)ら「笑点」メンバー6人が気丈に高座をつとめた。

 開演にあたり、観客に「腹の底から笑って、明日のエネルギーにしてください。命がけの高座を楽しみに」と語りかけた楽太郎さん。「(ショックで)何も話すことができない」と報道陣の取材を断った。

 楽屋では三遊亭小遊三さん(62)が、ぼそりと「信じられない、としか言えません。落語界にいてくれないと困る人なのに」。

 一方、「笑点」の司会を継いだ桂歌丸さん(73)は、横浜市内の自宅で取材に応じた。「落語以外は器用にできない人。その不器用さが『笑点』を面白くした」と語り、「まだまだ教わりたいことがたくさんあった。これからの落語を考えていたのに…」と惜しんだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000613-san-ent

昔の落語家って感じの人でしたね。
ご冥福をお祈りします


posted by hoss at 04:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131631152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。