2009年11月04日

「宝塚音楽学校」を提訴 退学処分の取り消し求め

 
 宝塚歌劇団の劇団員を養成する「宝塚音楽学校」(兵庫県宝塚市)に在籍していた女性(18)が「(退学の原因となった)万引の事実はなく、退学処分は不当」として、退学処分の取り消しと慰謝料など1千万円の支払いを求める訴えを神戸地裁に起こしていたことが4日、わかった。

 訴えは今月1日付。訴状によると、女性は平成20年4月に入学したが、「学校の許可を受けずに取材に応じたことをきっかけにいじめを受けた」と主張。さらに「同級生らがコンビニで万引をしたなどの事実を捏造(ねつぞう)して同校に報告した」としている。同校は報告を受け同年11月、女性を退学処分とした。

 女性は退学処分後、神戸地裁に仮処分命令を申し立て、同地裁は今年1月、退学処分を無効とする決定を下したが、同校は決定に従わずに同月、2回目の退学処分を通知。女性は再度同地裁に仮処分を申し立て、認められたが、退学処分が取り消されないため提訴に踏み切った。

 女性は同年2月に登校したが、同校の事務長らに登校を拒絶されたといい、女性の代理人は「生徒の身の潔白を訴えたい」としている。同校は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091104-00000611-san-soci


こんなことして何になるの?

夢の芸能界では生きていけないでしょう。
posted by hoss at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132044376

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。