2009年11月06日

巨人、阿部が劇的なサヨナラ弾で7年ぶり日本一に王手!

 プロ野球の日本シリーズ第5戦(7回戦制、4戦先勝)が5日、東京ドームで行なわれ、巨人が阿部の劇的なサヨナラ本塁打で3−2と日本ハムを破り対戦成績を3勝2敗とし、7年ぶりの日本一へ王手をかけた。

 巨人が苦しみながらも勝利をもぎ取った。二回の守備だ。先頭のスレッジが放った一、二塁間の何でもないゴロを守備の名手・古城が捕球し損ないエラー。小谷野の中前打、二岡の遊ゴロ、大野の三振で二死一、三塁から今度は内野のリーダー・小笠原が藤井の三ゴロを弾いて先制点を許してしまった。

 シーズン中は、リーグ1位のチーム打率・275を誇ったG打線も7回4安打無得点と沈黙。だが、八回に代打・大道の同点適時打で試合を振り出しに戻し、流れをつかむと、再び日本ハム・高橋のソロで勝ち越しを許した九回裏に先頭打者の亀井がライトスタンドへ起死回生の同点のソロ本塁打。続く谷は凡退したが、7番阿部がオレンジ色の巨人ファンで埋まるライトスタンドへ劇的なサヨナラ本塁打を放ち熱戦に終止符を打った。勢いを加速した巨人は一気に頂点へと走りだす。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000527-sanspo-base

巨人、本当に強いですね。
個人的には日ハム勝ってほしいけど。


posted by hoss at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132143438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。