2009年11月18日

事業仕分けで計1兆円超を国庫返納 結果踏まえ来年度予算を削減へ

 
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が平成22年度予算の概算要求の無駄を削る事業仕分けは17日、都内で5日目の作業を行い、第1ラウンドの議論を終えた。その結果、事業の「廃止」や「予算計上の見送り」と判定された予算は1500億円程度にとどまるが、数千億円規模の基金や特別会計予算を国に返納すべきとしており、実質的な国庫返納額は1兆円を超える見込みだ。

 第1ラウンドの仕分け作業の結果、「廃止」と判定されたのは少なくとも約860億円▽「予算計上見送り」は約550億円−にのぼった。「予算削減」を求められた事業もある。

 17日は文部科学省が概算要求で58億円を要求した独立行政法人・宇宙航空研究開発機構の官民共同開発ロケット「GX」のエンジン開発費の予算計上の見送りを求め、予算要求の出ていないロケット本体についても「廃止」と判定した。

 また、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ日本の無人補給機「HTV」(259億円)や開発中の複数の人工衛星(89億円)も10%の予算削減を求めた。

 総務省が財団法人「明るい選挙推進協会」に委託している「明るい選挙推進費」(3億円)は、「歴史的使命を終えた」として廃止。来夏の参院選経費(544億円)も10〜20%の予算削減となった。

 裁判員制度の広報啓発費(1・3億円)も予算計上を見送り、保健所職員らの研修を行う国立保健医療科学院は、業務のスリム化や経費削減が必要として「見直し」と判定した。

 行政刷新会議は24日に仕分け作業を再開させ、27日までの日程で第2ラウンドの作業を行う。政府は仕分け作業の結果を踏まえて、95兆円台にふくらんだ来年度予算の要求額を3兆円以上削減する方針だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000630-san-pol


賛否両論、もちろんあります。

自民党が絶対足を踏み入れなかったところへの突っ込み、評価できると思います。

でも法的効力がないっていうのがまず心配ですよね





【本日のチェックサイト】
はじめての海外旅行 安心ガイド   
曼荼羅で心の安らぎを   
海外挙式をタヒチで   
新婚旅行(ハネムーン)研究室   
エコツアーガイド   
チュニジア観光旅行ガイド   
ホームベーカリーで毎日ふわふわパン   
かき氷の誘惑   
子連れ(2歳未満)のハワイ旅行ガイド  



posted by hoss at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。