2009年12月08日

「BIG」当たりくじ偽造、4億5千万円詐取画策

  
サッカーくじ「BIG」の1等くじを偽造して当せん金約4億5000万円をだまし取ろうとしたとして、大阪府警曽根崎署は7日、京都市下京区富永町、会社員杉江秀人(39)、妻の純子(34)両容疑者を偽造有価証券行使と詐欺未遂の容疑で逮捕した。



 サッカーくじを巡る偽造事件は初めてという。



 発表では、2人は共謀し、10月6日午前11時頃、大阪市北区の信用金庫窓口で、9月12、13両日に行われたサッカー・Jリーグ14試合の全結果が的
中したように偽造したくじ1枚を示し、当せん金の支払いを要求した疑い。BIGの発売元の日本スポーツ振興センター(東京)によると、50万円以上の当た
りくじは真がんをチェックした上で当せん金を振り込む仕組み。今回は窓口の照合機で怪しいと判定した後、センターの鑑定で偽造と見破り、同署に告発してい
た。



 杉江容疑者は「パソコンで偽造した」と容疑を認め、純子容疑者は「偽造とは知らなかった」と否認しているという。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00001152-yom-soci


しかし、いろいろ考えますね

posted by hoss at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135003448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。